鉄道模型 インパクト

鉄道模型の自作には緻密な図面が不可欠

図面

鉄道模型は購入した製品をそのまま走行させる楽しみ方もありますが、より強いこだわりを持つなら自作は避けては通れない道と言えるでしょう。プラモデルのように自分で組み立てることを前提にした製品も少なくないため、自作にこだわるのは鉄道模型を趣味にする人にとっては当たり前と言っても過言ではありません。
その一方で制作者本人と見る人へのインパクトが強い鉄道模型を自作するには相応の技能が求められます。
緻密で正確な図面が用意できることも自作を成功させるための条件と言えるでしょう。図面作りの技能も併せて要求されるので、鉄道模型初心者にとって自作は高いハードルであることは間違いありません。そのため、かつては鉄道模型の扱いに慣れているベテランの領域とされていました。

鉄道模型現在はネットの普及により、自作用の図面が数多く知れ渡っています。鉄道模型の愛好家が自作用の図面を公開しているので、初心者でも自作に挑むことが可能です。また、愛好家ごとに異なる個性があり、その点を比較することで表現方法を新たに学ぶことができます。図面の作り方やこだわるポイントなど、ネットを通じて知ることができるので、時間をかけずに必要な知識を得るならネットで自作用の図面を比較するのがもっとも効率的と言えるでしょう。
図面と一緒に自作した鉄道模型を公開している愛好家も多いので、初心者からベテランまで幅広い層に役立つ教科書として活用することもできます。

図面を見るのは自作するための手引きとして用いるだけではなく、鉄道模型の仕組みを学ぶ意味もあります。図面を通して構造を理解することによって製品の改造に留まらず、一からの自作も可能です。

色々な電車

駅のホームや施設を自作して鉄道模型を楽しもう

駅鉄道模型を制作することが趣味なら、駅のホームなどの施設を自作しましょう。

実物にそっくりな駅のホームを再現することもできますし、オリジナルの施設を生み出すことも可能です。まずは、鉄道模型の制作に必要なアイテムをそろえましょう。電車やレールのほかに、施設に関するアイテムも種類が豊富です。組立と塗装だけのキットは、鉄道模型の初心者にぴったりです。
詳しい設計図が添付されていますので、安心して制作することができます。さらに、ローカル線の駅や複線駅のキットも販売されています。自作したい鉄道模型のイメージに合わせて選びましょう。

ホーム駅のホームを制作する場合には、細かいアイテムにも配慮することがポイントです。ホームに設置されている自動販売機やベンチなどを自作すれば、リアルな鉄道模型に近づきます。時刻表や電光掲示板などのアイテムも自作しましょう。豆電球で光らせることもできます。
駅員や乗客などミニチュアの人形を置くことによって、ホーム内の雑踏の雰囲気を出せます。にぎやかな駅を作りたい場合におすすめです。
また、駅前の風景にも気を配りましょう。信号や歩道橋、停留場などは便利なアイテムです。

駅の周辺に高層ビルや民家などの施設を置くと、臨場感あふれる風景になります。キットも販売されていますが、施設を自作することもできます。発泡スチロールや段ボールなどを使えば、気軽に作れます。ベニヤ板やプラスチック板なども最適な素材です。駅などの施設を自作する場合には、塗装が重要なポイントになります。
カラースプレーは、種類が多い上に使いやすいです。

トレーラー

© 鉄道模型 インパクト